練馬区 武蔵関の歯医者 池田歯科クリニック

池田歯科クリニック

  • 西武新宿線「武蔵関」駅前 北口 徒歩0分
  • 東京都練馬区関町北4-2-12 野口ビル1F
03-3920-4180
メールお問い合わせ

インプラント

インプラント治療とは

失ってしまった自分の歯の替わりに、人口の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。
固定性であるためガタついたりせず、自分の歯のように噛めるようになります。
特に入れ歯と違って残っている歯に負担をかけずにすみます。

違和感のある入れ歯から違和感の少ないものにするだけではなく、残っている患者さんご自身の歯をいかに長い間健康な状態で守ることを第1目的に考えております。

歯を失ってお困りの患者さんへ

人は永久歯を失うと残念ながら二度と生え変わってきません。
そのため今までは「入れ歯」などを用いるしかその部分を補う方法はありませんでした。
しかし「入れ歯」だと固いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなってガタついてきたりする場合があります。
「入れ歯」の最大の欠点はクラスプ(入れ歯を固定するバネ)がかかっている歯に負担がかかることです。場合によってはその事によりその歯の寿命が短くなります。
このように歯を失ってお悩みの方に新しい治療法「インプラント治療」をご紹介いたします。

インプラント治療必要設備 歯科専用CT

当院では、歯科専用CT(コンピューター活断撮影器)を完備しております。

歯を支える顎の骨は窪みや傾きがあり、神経や血管が多く通っています。
その流れは複雑で、パノラマ写真(レントゲン写真)では、骨の影になった神経や血管を確認できません。
複雑な神経系や血脈な流れ、筋肉や骨の構造をより良く把握するために、CTは欠くことのできない設備です。
インプラント歯科医にとって、CTは言わばナビゲーションです。CTを使えば、死角ゼロの手術が可能です。

CTで患者様の歯や顎の状態を3D画像で撮り、歯の状態について手術前後でご説明を致します。

安心・安全な静脈内鎮静法

当院では『セデーション(静脈内鎮静法)』という、痛みや恐れを感じず緊張もしない、うたたねのような気分で手術ができる麻酔を用意しています。
患者さまの不安を取り除くことができますし、糖尿病などの疾病をお持ちの方の容体の急変を予防することも可能となります。
実際に『セデーション(静脈内鎮静法)』を行われた患者さまからは「きづいたら手術が終わっていた」「やってよかった」と大変ご好評です。

歯科手術でも欠かせない血圧・心電図・酸素飽和度モニター

手術中の患者様の血圧は、通常120の血圧の方でも160近くまで上昇します。
歯の手術とは言え、患者様の心身に掛かる負担は大きなものになります。
血圧・心電図・酸素飽和度モニターは、インプラント手術と言えども、要になる機器です。
当院ではこれらの機器を逐一モニターし、ストレスの緩和に努めます。
患者様は「静脈鎮静法」という麻酔方法により、眠りに誘われるようなうたた寝の感覚で、手術に臨んで頂けます。
リラックスした状態でも、専門の機器と専門の医師が、身体の状態を100%監視しています。 

インプラントの安全性

インプラント4つの安心
安心1

「インプラントの治療の際、痛くないでしょうか?」「麻酔をするのが怖いのですが・・・」という質問を良くお聞きします。
池田歯科クリニックでは、麻酔の針を刺す前に「塗る麻酔」を使用しています。針が刺されているという感覚をなくすためです。
また、使用する麻酔液を体温に近づけて、麻酔液と体温の温度差による刺激をなくしています。更に痛さを軽減するために細い注射針を使用しています。太さは献血で使用するものの3分の1の太さです。それでも、針を刺される不安や治療に対しての不安があって心配な方は、注射麻酔と併用する形で不安な気持ちを取り除くために、「笑気吸入鎮静法」を用いています。
笑気吸入鎮静法は笑気吸入装置で30%以下の低濃度笑気と70%以上の酸素を、専用の鼻マスクを用いて鼻から吸引します。臭いはほのかに甘い香りで、違和感無く吸入できます。治療終了後は数分で帰宅することができます。

安心2

池田歯科クリニックのインプラントは安心10年保証制度をとっています。 しかし、インプラントは天然歯と同じく治療が終わってもメンテナンスが重要です。患者様は治療に来られたばかりの頃は、一生懸命歯を磨いてくれるのですが、治療が終わって安心したとたんにケアを怠りがちです。それをいかに続けてもらうように指導するのも私達の使命です。
「いつもしっかりとメンテナンスをしよう」というモチベーションを維持することが大切ですが、そのお手伝いをさせていただく歯科衛生士も、歯科医師も同様に気持ちよくご来院していただけるよう努力を惜しみません。当院の実績は22年を超え10年保証を終えられた方もいらっしゃいますが、できるならば、10年保証が終わった以降もあなたの歯を維持するお手伝いをしていきたいと一同考えております。

安心3

歯を失った時、誰もが取り戻したいのは「しっかり噛めること」と「見た目の自然さ」です。
加えて「使い心地が良い」「長持ちする」ということも治療法を考えるときに大事なポイントとなります。
後悔しない治療をするために、当クリニックではまず最初に無料カウンセリングをお受けいただき、「どのような治療が私に合っているのか」・・・を、こころゆくまで話し合います。
池田歯科クリニックでは、明るい待合室に【カウンセリング ルーム】を設け、モニタを見ながら、口の中のCT画像や診断表をもとに治療方針を決めていきます。
痛くない、安い、早い治療をお望みとは思いますが、まずは、現在の状況を徹底的に分析し、どの治療法が適しているか、歯周組織、噛み合わせ、歯磨きしやすい形になっているか、見た目の状態はどうか、など、だんだんと知識を深めていただきながら治療法をお決めいただいています。
当クリニックではこれらのインフォームドコンセント(患者様が治療内容を納得し、同意を得ること)を充分行った上で、患者様一人ひとりに合わせた 納得のいく治療をご提案します。

安心4

どんな方でも行ったことのない歯科医院で治療を受けることは、非常に勇気の要ることだと思います。
そのような中で、当クリニックが患者様に自信を持って誇るべきことは、やはりインプラントの経験や実績になってくるのだと考えています。
当院は1988年からインプラント治療を開始し、これまで約千百本のインプラント治療をおこなってきた実績があります。
しかし、患者様が本当にご満足していただいたかはその数字だけでは計れないかもしれません。
下記にこれまで当クリニックで治療をされた方のご感想を掲載しておりますので、ご一読いただければと思います。


インプラント4つの安全
安全1

患者さんごとに使用したハンドピース(治療用ハンドドリル)をDACユニバーサルという最新の専用滅菌機にて無菌化しています。
ハンドピース(治療用ハンドドリル)をクリーンな状態に保つためには、滅菌前の洗浄が不可欠です。
池田歯科で使用しているDACユニバーサルは、タービンおよびストレート&コントラアングル ハンドピースの内部をまず確実に洗浄します。

安全2

池田歯科クリニックでは、一人ひとりの患者様に対して、インプラントのスペシャリストである歯科医と衛生士がより精度の高い治療をめざして連携して治療を行っています。
そのインプラントの技術力は日々の経験、勉強、スタッフ同士の切磋琢磨から培われます。
歯科医師自身が各種学会での講演はもちろん、セミナーへの参加を積極的におこない、歯科医同士の技術交流をすることで、治療技術を高いレベルでありつづけるための努力を継続しています。
そして、当クリニックの歯科医師と衛生士は、さらにチームワークによって相乗効果を生み出し、より安心で安全な治療を求めて努力をしています。

安全3

当クリニックでは、最新のCTレントゲン装置を導入し、歯をささえている骨の状態や、詰め物、被せもの、歯根の部分などの状態を的確に把握することができます。
これによりインプラント手術の成功率を高めより安全なインプラントを行なうことができます。
インプラントの成功率は向上には、医師の手術の技術も重要ですが、それ以前に検査・診断の正確性が最も重要な鍵をにぎっています。
当クリニックでは、完全な【IT化医院】を実施し、受付から各ユニット、デジタルレントゲン、口腔内画像が、院内LANでつながっています。
そのため、口腔内の三次元的な画像を確認しながら手術を行なうことが可能で、あらゆるデータを共有しながら手術に臨むことができます。
また、最新のCTレントゲン装置をオペルームの隣に設置することで、インプラント埋入後スピーディにその位置を確認することができます。

安全4

池田歯科クリニックでは、一人ひとりの患者様に対して、わかりやすくご説明し、不安に思っていることはないかをしっかり聞いて患者様とのコミュニケーションを大切にしています。
・歯周病などによって多くの歯牙を失い、なおかつその残り少ない歯牙に入れ歯を入れるためのクラスプ(入れ歯を固定するバネ)をかけている方
・隣りの歯が健全な歯であり、ブリッジをはめるために削りたくない方
・少しでもご自分の歯を残したい方
など希望を聞いたうえで丁寧に分かりやすくご説明しております。

pagetop